☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 輪舞曲-ロンド- 第8話

<<   作成日時 : 2006/03/06 11:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

自分は『神狗』だと告げて、立ち去るユナに琢己は、
「ユナ、殺すなら君の手で撃て」と。
「それがあなたの望みなら…これがあなたの運命、
これが私の運命」と、銃を向けるユナ。
しかし、迷って引き金を引けないユナ・・・

そこにユナの銃をめがけて、誰かが発砲。
ユナを連れて逃げる神狗のメンバー、
逃げた琢己が、隠れていると、突きつけられた拳銃…それはヨンジェ。
神狗にいた時の表情から、一転笑顔を浮かべ、
「俺もモグラだ」と韓国警察の身分証を見せるヨンジェ。
そうかな?と思ってたけど、やっぱり〜
5話で、大量の偽札を見た時、証拠を見つけたって表情に見えました。


琢己をカジノに連れて行き、話をするヨンジェ。
ここって神狗のカジノ? こんな場所で話して、大丈夫なんだろうか…
「チェ・ユナを追って来た。神狗のハッカーだ。
でも、神狗を憎んで妹を守る姿や、お前を愛してた姿にウソは無かった。
加担するには、何か理由があると思わないか?」と話すヨンジェ。
俺の名前は、イ・ヒョヌ(?…ルビをお願いしたい!)とヨンジェ。
最初は、助けてもらったけど、信用できないと言ってた琢己だったけど、
「金山琢己。韓国人だ」と。
そしてヨンジェは、ホンモノの金を持ち込んで、再び神狗へ。
ヨンジェを嫌ってた龍吾だったけど、あの金で信用した?

ユナの来日の目的は、父親探しではありませんでした。
はじめの頃、探しに来たくせして、どうして日本語覚えないの?
と思ってましたが、覚える必要は、無かったようです。
今はそう分かっても、あの時はかなりヘンな感じでした。

何者かに邪魔されて、西嶋ショウを撃てなかったと宋に報告するユナ。
ユナが行った後、「ワザと逃がしたんじゃないのか?」と龍吾。

樋口監理官に、自分がモグラとバレたと電話する琢己。
話していると、突然鳴り響いた銃声。
この監理官、もしや神狗の通じてる?と、怪しく思ってたのに、
アッサリ出番が終わってしまった。。。通じてたから殺された?

この現場を見てたのは、ジャス・・・ショウの部屋でした。

樋口監理官の遺体が、琢己の部屋で見つかり、銃もそこにあったので、
「神狗の構成員・西嶋ショウ」は、指名手配されてしまいました。

ユニは転院する事に。
新しい病院で待ってたのは、、、「お父さん…」と涙のユニ。
愛しそうにユニを抱きしめる宋は、本当に優しいお父さんという感じなのに。
病室で流れたニュースで、琢己が指名手配されたと知ったユナは呆然…
そんなユナを、厳しい表情で見ている宋。

ユニが転院した病院を探し当て、
屋上で洗濯物を干しているユナに、電話する琢己。
「最後の夜、君は俺を神狗から遠ざけようと、守ろうとしたんじゃないのか?
君を助けたい。神狗が、何をしてるのか教えて欲しい」
琢己、、、いきなり神狗の計画を聞くなんて、唐突な気が…
まずはユナの気持ちを和らげて、
再び信頼関係になってからの方が、いい気がするけど。。。

琢己の言葉に、涙が一筋頬を伝うユナだけど、
「私が守りたかったのは、神狗。あなたではない」と冷たく答え。。。
「どうして泣く?」 琢己の声に、あたりを見渡し、
向こうのビルにいる琢己を見つけて、涙が溢れるユナ。
「ユニには会わないで。あの子は何も知らないの」
了解したくれた琢己に、「ありがとう…ごめんなさい
私達は、会ってはいけなかった。サヨナラ…死なないで」とユナ。

龍吾にショウを助けて欲しいと、頼む琴美。
しかし「親父と西嶋ショウのどちらかを選べ」と答える龍吾。
父親から、抱きあげてもらった事もなく、
道具としか思われて無いと、感じてる龍吾。
「お兄ちゃん、今からでも三人で、普通の家族を作ろう?」
妹・琴美の願いに龍吾は、「もう遅い…」と。
嫌なお嬢様キャラだった琴美ちゃん、父の件ですっかりしおらしくなりました。

琢己が警察官というデータは、伊崎のPCにしか入ってないので、
それを探してくれて、琢己に頼まれたあきら。
その頃、ユナに「金山琢己のデータを消せ」と命じる宋。
宋は、ショウの本名を知ってたんですね。

伊崎のPCにハッキングしてるユナは、
パスワードが1982年11月5日を意味してると知り、おや…?という表情。
これは琢己父が殺された日でしょうね、きっと。
あの時幼い琢己が出会った少女って、
あきら?かと思ってたけど、ユナだったのかしら…?


画面に出て来た琢己の顔をに触れ、
「あなたの全てを知りたかった…」と泣いているユナ。
そこに現れた宋は、「やはり愛してたんだね。
そのキーを押せば、お前の愛してる男は終わりだ」と。
押せないユナを抱き締め、「龍吾には上手く言っておくよ」
優しい言葉を言いながら、キーを押す宋! 怖ろしい・・・

ようやく琢己のデータを見つけたあきらは、突然消えていく画面に大焦り。
これで、琢己が警察官だという証明は、出来なくなった?
それにしても、たった一人のPCにしかデータが無いというのは、コワい・・・
琢己のデータは、他にもどこかにある気がします…警視庁なんだし。
じゃないと、ドラマが終わっても、無職な琢己になってしまう〜。

ユニのPCに、「父と姉は神狗」とのメールが届き、愕然とするユニ。
ユナに電話すると、「店にいる」と言われ、
八百屋の奥さんに確認済みのユニは、「信じてたのに…」と泣き崩れ。。。
驚いたユナが、そのメールを見ると、
「このメールアドレスは、西嶋ショウのだ」と宋。

あんなに約束したのに、裏切って妹を傷つけた…とショックなユナ。
データを消したのはユナと、宋から聞かさた琢己。
ユニは、ショックで発作を起こしてしまったのに、ここまでするなんて、
宋って、ホントに父親なんだろうか・・・?
(メールを送ったのは宋だと思ってます)


宋から、母親に危害を加えるような事を言われた琢己。
家に行き、神狗に身元がバレたから、どこかに身を隠すようにと。
「琢己、それでもし母さんの身に何かあっても、迷わず見殺しにしなさい。
お前が命がけで選んだ道、いくらでも犠牲になる覚悟はある。」
母の言葉に、神狗を潰すために立ち向かう琢己。
「お父さん、あの子を守ってやってください…」と祈る母。

ユナとの会話を録音した携帯電話を琢己に送り、
「お姉ちゃんを助けて」とユニ。
その録音をよーく聞くと、遊園地の雰囲気のする歓声が…
その音で、横浜のコスモワールドと気付いた琢己。。。
。。。じゃなくて、色々と探しまわって、ここに辿りついたんでしょう、きっと。
琢己が到着した時に、
ちょうどユナがユニを思って、観覧車のところに来てました。

お互い銃を向け合う二人。
「あんなに約束したのに、ユニを傷つけた。
本当に信じてたのに、あなたを信じた私が愚かだった。許さない」とユナ。
「もう許さない」と琢己。
見てるこっちは、お互い誤解してるとわかってるせいか、
どうも、自分の言いたい事だけ言って、銃を向け合ってる…という感じ。。。

面会に来た宋に、「やっと現れたか」と笑う風間。不気味・・・
宋は一体、何しに来たのやら。。。


琢己が神狗と知った時に、騙されたと怒っていたユナ。
あの時の涙、ウソだったって事なのかな。。。
買ってもらった、ジャスそっくりのキーホルダーまで、捨てちゃってたのに。
自分は神狗の仕事をしてても、
やりたくない仕事をさせる存在を憎んでたから…なのかな?
ヨンジェの話してた通り、
何か、神狗に関わらなければならなくなった理由がありそうです。
ヨンジェが、ユナが神狗と知ってて、店をメチャメチャにしたのも、
解せない…後から理由が判明すめのかもしれないけど。
それから、ユナが神狗の一員と分かる前に、
ミステリアスな部分が、チラッとでもあれば良かったのに…と思いました。
ちょっと伏線を張って欲しかった気がします。

「輪舞曲」他の回はこちらから。
(注…他の日本のドラマと一緒のカテゴリです)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
輪舞曲−ロンド− #08 「愛するが故の悲劇」
神狗に囲まれる琢己(竹野内 豊)。ユナ(チェ・ジウ)は立ち去ろうとする。琢己「ユナ、君が撃て、殺すなら君の手で殺せ」ユナ「それが最期の願いなら、これがあなたの運命。これが私の宿命。さよなら!!」銃を構えるユナ。そこへ突然撃ち込まれる銃弾。慌てる... ...続きを見る
テレビお気楽日記
2006/03/06 17:50
輪舞曲第8話 裏切り★
今まで、信じていたものが全て逆転してしまった。第7話。第8話でストーリーが急展開した。ショウの活躍で、東京湾にある船舶の中が偽札工場であることがつきとめられ、「神狗」のボス、風間龍一郎が逮捕された。これで、やっと表の世界に戻って、普通の警察官になれると... ...続きを見る
ラスタ・パスタのレレ日記
2006/03/06 23:52
輪舞曲 第8話
 神狗だったユナ(チェ・ジウ)にだまされたショウ(竹野内豊)は構成員らに囲まれてしまう。殺されることを覚悟したショウは、ユナに「君が撃て!殺すなら、君の手で殺せ」と言う。 ...続きを見る
Charlie's マイペース雑記
2006/03/07 01:57
TBS「輪舞曲(ロンド)」第8話:愛するが故の悲劇
琢己とユナ。互いに愛する思いが高まれば高まるほど、冷やかに見てしまう自分。ふたりのシーンには、互いに、伝えたい、分かり合いたいという思いが、希薄に見えるからです。 ...続きを見る
伊達でございます!
2006/03/07 15:15
輪舞曲(ロンド)8話
全ての悪の根源は宋なんだな、きっと。風間会長は悪いとはしても、実際取り仕切っているのは宋だし、多分龍吾は自分では気づいていないけど操り人形だし。。。宋とユナ、ユニ本当の親子なんだろうか。。。宋って娘達の身があぶないことをするし、、、もしかして韓ドラ得意の.... ...続きを見る
diary(徒然なるままに)
2006/03/07 17:04
「輪舞曲〜ロンド〜」第8話『愛するが故の悲劇』
やっぱり橋爪さんが活躍すると見応えがある「輪舞曲〜ロンド〜」。 第8話『愛するが故の悲劇』 それにしてもまたベタな展開になってきました。 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2006/03/08 21:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
脚本には期待していないので、もう何があっても驚かない予定でしたが、ラストカットの「信じてたのに」「許さない」と言い合うシーン、台詞が陳腐で学芸会かと思いました。他のドラマが終盤にかけて引きずり込まれる感じなのに(1月クールにも関わらず)、どうもロンドは前評判ドラマだったな〜と残念です。制作費もかなりかかったドラマなのに〜〜。とりあえず最終回までは視聴しますが。
のり
2006/03/07 00:16
のりさん、
>どうもロンドは前評判ドラマだったな〜と残念です。
韓ドラファンとしては、一番期待してました。
どうも難しい方向に話を広げすぎて、その割りにツメが甘くて乗り切れないです。
ユナが神狗となって、面白くなってきたけど、今回のラストは、私も引きました…
お互い言いたい事を勝手に言い合って、それにのりさんの言うように、台詞が陳腐で白けてしまいましたね。。。
あそこは盛り上がないとダメなところだと思うんだと…
日韓友好のドラマなので、最後まで見届けます。
文句を散々言ったドラマだけど、最後は見て良かったーーと思えるといいですね。
panda
2006/03/07 10:22
pandaさん、アンニョン♪
あのユニへのメール、あれは宋ですよね、きっと。
実の親子でもなさそうだし。。。
このドラマ、最近では突っ込みが私は楽しくなってきました(笑)
前評判高すぎましたね。
普通にラブストリーだけとかフレンズみたいに、そういう方がよかったかも。
けど後もう少し。最後まで見届けましょうね♪
so-so♪。
URL
2006/03/07 17:06
so-so♪。さん、アンニョン〜
ユニへのメールは、宋のような気がしますね。
メアドを見てすぐに、「西嶋ショウのだ」なんて、あんなに構成員がいるのに分かったのが怪しい感じ。

so-so♪。さんは、突っ込みながら楽しんでるのね〜私は、おいおい」と笑って突っ込む部分もあるけど、引いてしまう部分もあります。
そうそう、いっそラブストーリーにすれば良かったのにね〜それか、最初からユナは神狗とか。
最後は、見続けて良かった〜と思いたいです♪
panda
2006/03/07 21:36
こんばんは。
ショウとユナのシーンは最初からスルーしていますがでもラストはちょっと・・・。

ユニへのメールは私も宋が仕組んだことだと思っています。
ユナをプログラムに専念させるために何でも誰でも利用するという・・・。
橋爪さんがイキイキしていたのが怖かったです。

>じゃないと、ドラマが終わっても、無職な琢己になってしまう〜。
このフレーズ妙に気に入りました(笑)。
sannkeneko
URL
2006/03/08 21:24
sannkenekoさん、こんにちは。
ラストは何だか変でしたね。
二人が滑稽に見えて、引いてしまいましたよ〜

ユニへのメールは、宋の仕業…ですよね、橋爪さんは、今までいい人の役ばかり見てたので、新鮮で怖いくて、いい悪役っぷりです。

>>ドラマが終わっても、無職な琢己になってしまう
気に入って貰えましたか〜?ありがとう(^^)
panda
2006/03/09 09:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



輪舞曲-ロンド- 第8話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる