☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 『輪舞曲』 第4話

<<   作成日時 : 2006/02/06 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

☆感想(ネタバレあり)☆

前回殺された小林の携帯電話に、誰かかから電話が。
小林のフリして話してた伊崎。
「アナタ、コバヤシさんじゃない。コバヤシサンは?」と相手に気付かれると、
「知らないのか?神狗に殺された」 と伊崎。
伊崎さん、まだ断定されてないのに、神狗って言っていいの〜?
そう言った方が、向こうからまた電話してくると、読んだのかもしれないけど。


龍吾から、偽札工場から逃げたサイという人物を探すように命じられたショウ。
ヒデから、サイとは韓国名が崔(チェ)というと聞いたショウ。
ユナとのデートの時に聞いたユナの父の名前は、チェ・ギョンホ。
ユナに確認すると、父親は韓国の造幣局で働いてたらしい。
この男が、探してるサイだと思ったショウ。
そりゃあ、ユナの父は神狗と関わっているらしいけど、
すぐに繋げたのは、何だか安着だったような。。。


チェが連れ去られるのを目撃したショウ、その後、もっと驚く事を目撃。
伊崎が宋と会っている!
伊崎に聞いてもシラを切るので、伊崎の携帯に盗聴器を仕掛けたショウ。

見てるこっちも、やっばり伊崎は怪しいわ…と思っていたら、
盗聴器から聞こえてきたのは、
「宋は、サイとモグラの命を交換と言っている。
しかし、タクミを死なせる訳にはいかない!」 
伊崎が怪しいと思ってたけど、違いました(まだどんでん返しがあるかも?)

サイ(チェ)が、ヨンジェに拘束されてると知ったショウは、
止める伊崎の言う事を聞かず、単独でヨンジェのアジトに乗り込むことに。
ショウは、小林のように、また殺されるのを防ぎたかったのかな?
それと、ユナの父を救出して会わせてあげたい気持ちもあったのかも。


その後サイの残した靴紐から出た指紋により、
チェは日本人のアサノタロウという人物と判明して、これは罠だと気付いた伊崎。
ショウを止めようとショウの携帯に電話しても、留守電サービスだし、
伊崎はショウの仕掛けた盗聴器に向かって叫ぶけど、
車にはショウはいなく、虚しく響く伊崎の声。
この前のシーンで盗聴器の件は伊崎にバレたと知ってたのに、
ショウは盗聴の電源を、切ってなかったのね…

アジトではヨンジュが、「モグラ」が引っかかるのを待ってます。
様子を伺っていると、ショウに赤い光が!
ヨンジュに見つかった?と思ったら、伊崎でした。 
伊崎はどうしてショウの居場所が分かったの?と思ったけど、
多分ショウの携帯に、居場所を知らせる機能がついてたのでしょう。
身振りで「これはワナ」と知らせる伊崎。
ちょうど目の前にあった電気系統の線を切るショウ。
倉庫の中は真っ暗になり、発砲する伊崎。
伊崎はなぜ突然発砲したのかな?と不思議でしたが、
ショウを助けようと、敵の目を自分の方に引きつけたのかな?


逃げていく二人の後姿を見つめるヨンジェ。
ヨンジュは、それ程驚いてないようなのは、
ショウがモグラと薄々感づいてたから?
それとも、感情を表に出さない人なのかしら・・・?

「約束は守れない」というメモをユナに残して出かけたショウだったけど、
待ち合わせ場所の前に行くと、ユナが待ってました。
「約束を守れなかったのは、神狗だから?」
ユナの言葉に、愕然とするショウ。
ショウが神狗の人間だとユナが知るのは、ヨンジェが教えるのかな?
と思ってたけど、風間の娘・琴美からでした。
で、琴美はなぜユナの店に来たの? 誰かからユナとショウが会ってるって、聞いたシーンがあったのか、思い出せない私。

ヨンジュと言えば、ユナの店に客として現れ、
「お前はいつか必ず、俺よりも深く他の誰かを恨むようになる」
この誰かって、ショウ? 意味深。。。
チェ・ジウは、イ・ヒョンジュンとの演技の時が、いい表情という感じが…

ユナといえば、ショウに
「ジャスの共同飼い主なんだから韓国語覚えて」って…(~_~;)
恋人じゃないんだから…とちょっと突っ込み。
でも、ショウも頑張って韓国語覚えようとしてるから、まっいいか。。。
ショウとのデートシーン、二人ともとっても楽しそうだったし。
今回は、前半部分、ショウとユナのいい感じのシーンが満載でしたね〜
ショウはモグラとして過ごした3年間、
こうやって心から笑ったり楽しんだりした事って、なかったのかな。。。
そうそう、「オタク」って、万国共通語だったとは、知らなかった・・・

警察側にいる神狗のモグラ・・・
何だか伊崎と話してた監理官(菅田俊)が、
ちゃんと顔が映らないところが、怪しく感じてきました。
前回のメールを送るシーンでは、彼は不可能なんだけど・・・
でもやっばり伊崎も捨てがたい。。。
前回書いた光石研さんも。←だって捜査本部内で、顔を知ってる俳優さんがいないんだもの〜〜〜

「輪舞曲」他の回はこちらから。
(注…他の日本のドラマと一緒のカテゴリです)


先週、Mステに、オープニング曲「I believe」を歌ってる絢香ayaka さんが出てましたね〜
キンチョーしてて、初々しかったです(#^.^#) 
いい曲ですね♪ すごく上手いし〜〜
 ↓
I believe
I believe

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
輪舞曲−ロンド− #04 「つかの間のデート〜揺れる思い」
ユナ(チェ・ジウ)はショウ(竹野内 豊)にジャスティスを返却?する。自分ばかり日本語を覚えるのは不公平なのでショウも韓国語を勉強するよう勧める。ショウは明日秋葉原に行くユナに付き合う事にする。 警察の証拠品であった小林の携帯にサイという男から電... ...続きを見る
テレビお気楽日記
2006/02/07 17:19
「輪舞曲〜ロンド〜」第4話『つかの間のデート〜揺れる思い』
モグラの正体を巡って双方の疑心暗鬼と虚々実々。 第4話『つかの間のデート〜揺れる思い』 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2006/02/07 19:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
突っ込んでいますねo(^▽^)o 。
>ショウは、小林のように、また殺されるのを
 防ぎたかったのかな?
>ユナの父を救出して会わせてあげたい気持ちも
 あったのかも。
目の前で小林を殺されたトラウマがこだわった理由でしょうね。
ユナの父という気持ちも強かったと思います。
ただ、ショウはそう思い込んでいましたけど。

琴美のことは私もよくわからないです。
ショウとユナの関係をどうして知っているのか?
いきなりジャスのことを聞いているし・・・。
ただ、このドラマでのラブストーリー関係は
ピンと来ないことばかりで・・・。
sannkeneko
URL
2006/02/07 19:59
sannkenekoさん、こんばんは。
どうも日本のドラマだと、突っ込んでしまいます。韓ドラとか海外ドラマだと、「この国ではこんなものなんでしょ」と、突っ込みつつも何だか納得してしまうんだけど…。

琴美の件は、やはり見落としじゃなかったんですね。
どうもこういうスッキリしない部分が目についてしまって…。
次回辺りに、なぜ知ったのか判明するのかもしれないけど。

>ただ、このドラマでのラブストーリー関係は
ピンと来ないことばかりで・・・。
ユナのキャラにどうも感情移入出来ない私。そのせいか、多くの人が絶賛してたデートシーンも、あまり…でした。
ショウが神狗のメンバーと知って、苦悩するだろう次回からは、ちょっと変わっていくかな?と期待です。
panda
2006/02/07 23:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



『輪舞曲』 第4話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる