☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 白夜行 第5話

<<   作成日時 : 2006/02/10 14:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 14

☆感想(ネタバレあります)☆
篠塚(柏原崇)に惹かれ始めた雪穂(綾瀬はるか)。
それに嫉妬してた亮司(山田孝之)が、篠塚さんに何かするのかな…?
なーんて想像してましたが、、、

振り出した雨に、幼い頃の「あの日」を思い出して、
「何やってんだろ…俺…」
このポツリと言う亮司のセリフが、とっても切ない・・・

雪穂には、明るい空の下で、普通に生きて欲しい…と願ってたから、
裏の世界で生き続けて、戸籍も抹消された自分は相応しくないと、
身を引く亮司が悲しい。。。


でも篠塚には新しい彼女が…!
それが親友の江利子と知り、顔を引きつらせる雪穂。
ガックリしながらも、二人を見守って行こうとしてた雪穂…に見えました。
「いいなぁ…」 と呟く雪穂は、普通の女の子でした。

雪穂を食事に誘う、ダンス部・副部長の高宮さん。
前回、高宮さんを見て、どこかで見たことあるなぁ…と思っていたら、
『塩谷 瞬』・・・!
 あの朱鷺(by「デザイナー」)の、「シュリケンジャーハリケンジャー」の…
髪型で随分印象が変わるものだ…と思ったら、
金持ちのお坊ちゃま風に見えるよう、役作りで太ったそう…凄い!

江利子の仕事を引き受けたお礼に、食事に誘ってくれた篠塚&江利子。
話をしている時に、「二人は似ている…人をからかったりとか」という江利子。
「私は思ったまんましか言えないし、全部顔に出ちゃうし…」
「贅沢だよな江利子は。それがどんなに幸せなことか」

小さい頃から子供らしい事をさせてもらえず窮屈に育ったと話す篠塚。
「君は?」 振られた雪穂を気遣って、お酒をおかわりする江利子。
江利子にしてみれば、「母親は殺人者」という事を知っているから、
話題をそらそうとしたんだろうけど、
そんな優しさが雪穂には、癪に障ってしまったような。。。

普通の家庭で、真っ直ぐに素直に育った優しい江利子・・・
・・・それは、雪穂には縁のないものでした。。。
自分の憧れた人までも手に入れて…
自分のないものを持っている人を羨む気持ちは、分かります。。。
だからと言って雪穂のような行動はしないけど。


二人を見送った後、憎しみをあらわにする雪穂。
ここの表情は、何だか口を尖らせてる子供のように見えました。
最初は迫力がないなあ〜と思ったのだけど、
雪穂は、愛情を知らず子供の心のまま大きくなったから、
こういう表情なのかな?とも思います。

「藤本さんと同じようにして」 もちろん断る亮司。
友達にそんな事しようとする雪穂に「病院に行ったら?」
亮司は雪穂を心配して、慰めるような諭すような事を留守電に入れたのだけど、
その言葉は、逆に雪穂の孤独が、増すものだったのでしょう・・・
亮司の言ってる事は正論だと、分かっているのだけど。。。
雪穂の心は、壊れてきてるような感じ・・・

雪穂の元に、松浦から電話があり、用件は「あの時の写真」でした。
ここで「悪女」になる雪穂…松浦の携帯で亮司に電話して決別宣言。
そしてホテルへ。追いかけて来た亮司を振り切って中へ。
ここは本当に悪い女に見えました。

途中で泣き出したと呆れて出てくる松浦。
中に入った亮司は、「あの日の写真」を見せられて愕然。。。
自分の父がした事実…
そして自分の罪を消すために、雪穂に母殺しをさせてしまった事実・・・


亮司は、雪穂の思惑通りに、江利子を・・・
何も知らない江利子が可哀想。。。
江利子はいつだって、苛められてる時でさえ、雪穂のそばにいてくれたのに・・・

事が終わって教会の前で、「いつもこうなっちゃうんだな…」と呟く亮司。。。

冷静になると、全てはこうなる事を計算した芝居だったと気付いた亮司。
「本当に計算づくだったのか、と言われれば違う。
亮にはわかって欲しいと思って。私の方に転がってくれればそれでいい」
「それじゃあ、他人の心ばどうでもいいのか?」と責める亮司に、
「私には亮しかいないんだよ」と、
何が悪いのか分からないという感じで、淡々と言う雪穂。
「そりゃあ、こんだけ言う事聞くのは、他にいないしな」
呆れたように言う亮司のセリフ、そうそう!という感じ。
でも、雪穂にとって、本音を話せるのは、
何もかもをさらけ出せるのは、亮司しかしないんですよね。。。

義母にでさえ、本心をさらけ出せないし、江利子にも親友と言ってもそんな感じ。

「最終的にやったのは、全部リョウ」・・・雪穂の言葉に愕然とする亮司。
追い討ちをかけるように、「騙される方がバカなのよ」と、笑みを浮かべる雪穂。
怒りをぶつけるように観葉植物を投げつける亮司。
この観葉植物は、ナミエさんの形見なのにーーー

でもこの時の雪穂は、本心ではなかったのでした。
私もすっかり騙されて、雪穂って何て子ーーー!と思ってたのに、
帰り道、涙を流す雪穂。。。
そして捨てられなかった「風と共に去りぬ」を、川に投げ捨てました。

今更気付いたけど、亮司のモノローグは、
第1話の冒頭シーンで倒れて、回想してるんですね。
この時には雪穂を理解できなかった亮司、
今となっては、あれは優しさだったと分かる…と。。。

笹垣(武田鉄矢)は、雪穂の養母(八千草薫)の所に行き、
心の治療を受けるように進めました。
そうすれば、様子を聞きにあの家に出入り出来ると。。。
養母も心を開かない雪穂の事が心配だったから、
それとなく話すけれど、「出て行く」と言う雪穂。
悪い事を言ってしまった…と抱きしめて引き止める養母。
これでもう何も言わなくなるだろうと、雪穂の計算なのでしょうか? 
笹垣の部下の古賀は、亮司の母の親心にかける事に。

前回、自分を信頼してくれたナミエを嵌めてしまった亮司、
ドンドン悪い方に行っちゃうかと思ったら、雪穂を諌めたり、
まだ良心が残っているような感じで、ホッとしたけれど、、、どうなっていくのやら。

雪穂の、「私だって普通の家庭に育っていたら…」
というセリフが、悲しかったです。。。
それでも、親友を落としいれるような雪穂は、怖い・・・!
ラストの方で、「そんな事したら後悔するぞ」
と言った亮司の言葉を、思い出してた雪穂。
やはり後悔してるのかな…?

「白夜行」他の回はこちらから。
(注…他の日本のドラマと一緒のカテゴリです)


白夜行
白夜行 (集英社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
・「白夜行」第5話(2/9放送)
昨日、2006年2月9日(木)、TBSドラマ「白夜行」(びゃくやこう)第5話が放送されました。 以下、ストーリーはホンノ少し?の、感想少しを書きます(笑)。独り言なので、お許しを。(ストーリーは、TBSの公式HP(http://www.tbs.co.jp/byakuyakou/)や、ス.... ...続きを見る
たまちゃんのてーげー日記
2006/02/10 15:40
山田孝之クンの似顔絵。「白夜行」
珍しく5日間連続更新です(笑) 相変わらず共感できない展開の続く「白夜行」ですが、 唯一共感できる部分といえば・・ 「ヤな事あると、似顔絵描いたりしない?」 「するっ!似顔絵描いてる時は、余計な事考えなくていいんだよね。」 あ、こんなセリフじゃなかったか(笑) 悲しいかな、5日間連続更新は、ヤな事ばっかの 裏返しって事だったり・・(笑) ...続きを見る
「ボブ吉」デビューへの道。
2006/02/11 01:29
白夜行 第5話 〜決別する2人
雪穂(綾瀬はるか)は、亮司(山田孝之)以外の男・ソシアルダンス部OBの篠塚(柏原崇)に心を惹かれていたが、親友の江利子(大塚ちひろ)と篠塚が付き合い始めたと知り嫉妬する。江利子を応援しようと自分に言い聞かせる雪穂だったが、普通でいてまっすぐな江利子に惹かれ.... ...続きを見る
30 on the spot
2006/02/12 09:52
白夜行
今クール観ているドラマは結局、数少なく 「功名が辻」と「白夜行」です。 「白夜行」は第1回と第2回を見逃しているので 感想は書いていなかったのですけど… ...続きを見る
はるかぜ・はるか語りblog
2006/02/12 18:56
綾瀬はるかファン!
綾瀬はるか の写真集/DVDや画像の情報をたくさん集めました。 ...続きを見る
綾瀬はるかファン!
2006/03/07 01:25
「白夜行」(第1話)
「白夜行」第1話1月12日(木)オンエア分:★★★★と半分残酷で、重くて、暗くて、哀しくて、やりきれない・・でもそれ以上に、純粋でセツナイお話でした。。予備知識は全く無く原作も知らなかったので、初めは「ちぇっ、また無... ...続きを見る
ドラマ!あの素晴らしいドラマを、もう一度...
2007/02/07 18:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
Pandaさん♪ こんにちは!
日本のドラマほとんどみたことないのですが、
このドアマはやっぱり何か違うってチョット思ってます。
原作がいいのかも?って思ってるんですけど.....
また、立ち寄ります。
じゅん
URL
2006/02/11 10:11
じゅんさん、こんにちは〜
じゅんさんもご覧になってたんですね。
このドラマは、今までの日本のドラマになかった感じで、何だかタブーに踏み込んでいるような…。だからなのか、すごく胸の奥にズキッと来るドラマです。

原作がいいのでしょうね。読んでみたいです。
そして面白い韓ドラ同様に、サブキャラが良いなぁと思ってます。
panda
2006/02/11 11:56
こんばんは。
トラックバックさせていただきました〜
私はなぜかむしろ笹垣さんたちの視点で見てしまうので(第1回を観ていないせいもあるのかも)
どういう手でたどり着いていくのか、あるいは亮たちがどうやってそれをかわすのかが観たいですね〜
(いまだに原作は読んでいませんが)
脇役のキャストがいいですね。
八千草薫はあのドラマで1番可愛く見えます(笑)
「チョームカツク、ババア」ってつぶやいたところも
「堪忍な」って抱きしめるところも
どちらも可愛かったです(はるかちゃんよりも)
まりの
2006/02/12 20:51
まりのさん、こんばんは。
笹垣が、どうやってたどり着くのか、二人に真実を話させる事が出来るのか、楽しみですね。
笹垣の執念は、悪い事をした亮司と雪穂を追い詰めてるんだから、正義の事をしてるのに、なぜか不気味に思ってしまいます。あの目が怖いからかな〜?

脇役のキャスト、いいですよね。
八千草薫、かわいいですね〜
関西弁が、ホンワリとした感じで、また良いです♪
panda
2006/02/12 23:32
笹垣もじゅうぶん怖い人だと思いながら見ています。
追い詰める側とそれをかわす側との、スリリングな関係が見ていておもしろいです。
笹垣の部下・古賀の布石が功を奏するのかどうか気になりますね。「親心は良心なんかじゃないですよ」というのはすごい台詞だと思いました。
まりの
2006/02/14 02:32
まりのさん、こんにちは。
古賀刑事と奥さんのセリフ、良かったですね。
笹垣は、奥さんや子供がいないのかな?「へえ…」という感じなのが印象的でした。

原作本、ぶ厚いんですかーーー
先に読むか迷ってますね〜〜〜
私は、先入観を持たずに、ドラマを楽しめるから、終わってから読みたいです。
panda
2006/02/14 11:08
シュリケンジャーじゃなくてハリケンジャーですよ。>塩谷さん
みけ
2006/02/14 16:16
みけさん、
そうでしたね。失礼しました。
後ほど訂正しておきます。
panda
2006/02/14 23:27
pandaさん、こんばんは。
このドラマ、初回が私としては絶品だったので、このところの展開はとても辛いものがあります。
亮司の境遇にすっかり同情して、亮司になったような目線で観てしまうので、とても疲れます(笑)
笹垣の執念深さにも、憎らしさを覚えます。
実社会で、凶悪犯人を追跡する刑事さんが、立派な人だということは、わかっているのですが、、。
武田鉄矢が、嵌り役すぎるのかも..。
みこちん
2006/02/15 00:06
みこちんさん、こんばんは。
>武田鉄矢が、嵌り役すぎるのかも..。
そうそう!金八先生と同じには思えません。
私も亮司目線かな?だから笹垣が、怖いと思ってしまう気がしのす。刑事さんは悪ではなく善なのに、不気味ですよね。

>亮司になったような目線で観てしまうので、とても疲れます(笑)
いやいや、本当ですね。
まだ良心がある亮司の葛藤が、見てて苦しくなってきます。
私も第1話が秀逸でした。和めるシーンもあったし。
あの子たちがどうなっていくのか、見届けたいです。
panda
2006/02/15 19:42
pandaさん、こんばんは。
やっと最新話においつけました。
今クールは結構、台詞ぼそぼそ役者(と呼んでいる)が多くて、時々聞き取れないことがあります。
これも同様で、真剣に見ないと逃しちゃうことがあります〜。どうなっていくか楽しみでもありますが、一部原作と違うような・・・。
のり
2006/02/16 01:45
のりさん、こんにちは♪
>今クールは結構、台詞ぼそぼそ役者(と呼んでいる)
↑ウケましたーーー
私は、ビデオ鑑賞なので、巻き戻して聞き直す事もありますよ〜
「輪舞曲」の竹野内豊もそうですね…

どうなっていくのか、楽しみでもあり、怖くもあり…子供時代に幸せな時間を過ごしてた二人が、今後どっなっていくか見届けたいです。
のりさんは原作読んだのですね? やはりちょっと違うんですね〜ドラマが終わったら読みたいです。

PS:GyaOで、「白夜」再放送してますね。
またテッヒョンに会えて嬉しいです(#^.^#)
panda
2006/02/16 12:19
ぎゃー、今夜は見逃しました(苦笑)

…というわけで
pandaさんのネタバレ感想を楽しみにしています。
よろしく(笑)
まりの
2006/02/16 23:53
まりのさん、
第6話は、かなり話が動きましたよーーー
見れなかったのは、残念!
記事upしたので、読んでね。
panda
2006/02/17 17:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



白夜行 第5話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる