☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 星を射る 第8話

<<   作成日時 : 2005/12/19 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
ソンテは、役作りで、髪が短くなりました。
(益々頭が小さく見える!)
名前入りのディレクターズチェアも当たり、
順風満帆という感じだったけど。。。


リフトに乗って、頂上へ行くのに、関係者以外行けないと言われ、携帯も持ち込み禁止。。。
字が読めないソンテの為に、着いて行きたいソラとパダ。
「一人で演技できないのか」と嫌味を言うドフンに、
怒り&不安そうな目のソンテ。。。
でも、何とか笑顔を見せて、リフトに乗って行きました。

最初のシーンでは、やっぱり上手なソンテ♪
しかし、急にセリフを変えようという事になり、動揺・・・
そんなソンテを見て、ほくそ笑むイェリン(ホント、ズルイ顔!)
ソンテは、渡された台本を、必死で読もうとするんだけど、やはり読めない・・・
イェリンに聞こうとしても、無視して行ってしまうし、
ソラかパダに電話しようと、携帯を借りても、数字がわからない・・・
動揺したまま、撮影が始まってしまって、案の定ボロボロのソンテ・・・
この時のドフンとイェリンの、ザマーみろって感じの顔が、とっても憎たらしい!

リフトで下に降りるソンテ、心配で上がってくるソラ、
丁度柱のところですれ違いで、お互いの姿が見えない(>_<)
下に降りてきたソラが探し回ってるけど、ソンテも探し回ってるからすれ違い。
もう、どうなるのーーという感じでしたが、会えましたーーー
「参ったなぁ、一人じゃダメだ」と、ワザと明るく言うソンテが可哀想で。。。

撮影現場に戻ったソンテとソラに、「子供みたいになだめて貰ったのか?」
と嫌味なドフン! でも監督は、続けようと言ってくれてホッ。
セリフを覚えたソンテはやっぱり上手くて、チャン監督も満足(^^)

チャン監督は、「お前には素質がある」とも言ってくれて、ソンテも嬉しそう〜
監督だけには話した方がいいんじゃ?と言うパダ。
私もそう思う・・・何だか、またトラブルが起こりそうで・・・
でも、みんなと同等に扱われたいと言うソンテ。

ソラは一旦帰るので、「居候してから別々に寝るのは初めて」と、
ちょっと寂しそうなソンテ。
10分だけ一緒にいようと、名残惜しそうにゲレンデに走る二人。
雪の中で子みたいにはしゃいで、
大の字になって寝転んで、すっかり恋人?という感じ♪


家に帰ったソラ、電話が鳴って、ニッコニコで出たら、パダでガックリ。
思わず出た言葉は、「一人なの?」
ソンテに代わろうか?と言うパダに、「いい…」と言っちゃうソラ、
そしてこちらでは、電話に出たくて、手を延ばしてたソンテだったのに、
パダは切っちゃったので、ガクッのソンテ。

ソンテは、ホテルの部屋の廊下から電話すると、
携帯を握り締めて待ってたソラはニンマリ〜
でも声は寝てたフリ(素直じゃない^^)
「兄さんのイビキが子守唄」って言ってたソラの為に、
イビキを録音して聞かせるソンテに、涙が出てくるソラ。。。
切った後も、携帯を抱き締めて眠りにつきました〜
ソンテはゲレンデに走って行き、「姉貴!会いたいーー!」と叫んでました。
やはり、どう見ても、恋人同士みたいに、いい感じの二人・・・♪

しかし、そんなソラ(いつもより念入りにお化粧)にクギを刺すのは、
年下の男に、ひどい目に遭わされた事のあるミリョン。
「若い男は、風船みたいなもの。
最初はペシャンコでもいつか膨らんで飛んで行っちゃう」と。
ソンテもこうなってしまうのかな〜?

映画の主演男優が、ケガをしてしまい、
チャン監督はソンテを使いたいと言い、
ドフンはパワー社の俳優を言い張り、結局オーディションをする事に。
「急に登りつめるのは…」と懸念するパダ、チャンスだから受けるべきとソラ。
「あいつ(ドフン)に勝って、二人の受けた屈辱を味あわせてやりたい」
と言うソンテの意志を酌んで、受ける事に。

オーディションは、カメラテストで、撮影現場でやる事に。
大吹雪の警報が出てると聞いて、何か策略を思いついたドフン。。。
その策略とは、、、イェリンが「一緒に練習しましょ」とソンテを誘って、
山荘へ向かう車に乗る寸前に、電話が来たフリ、
「用事が出来たから、先に行ってて。私は後で行くわ」と。
当然イェリンが行く気なんて、更々ないし、
ソンテとソラが戻りたくても、吹雪で戻れない→オーディションは受けれない
という図式です。。。

そんな事とも知らないソンテは、イェリンの誘いに大喜び!
ソラは素っ気無い態度を取りながらも、イェリンに感謝してるし、
騙されちゃダメーーーと、叫びたくなっちゃいます。
山荘には、養父母と兄と来た事があると話すソンテ。
兄さんは、最初は怖かったけど、パダさんみたいに優しい人だったそう。
(前にも書いたけど、兄ってドフンじゃ?と予想してる私…)

吹雪なので、オーディション会場は、山荘からホテルに変更になったのに、
助監督がソンテに連絡しても、当然部屋はいません。
ミリョンが盲腸になっちゃったので、ソウルに戻ってたパダの元に電話が来て、
ソンテと連絡が着かないと聞き、驚くパダ。

イェリンが来ないので、宿舎のホテルに戻ろうとするソラとソンテ。
でも吹雪(見た感じ、そんなんでもないけど…)なので、進むのが困難で、
おまけに、足をくじいてしまったソラ。 もう一度山荘に戻りました。

風邪をひいちゃイカンと、自分の靴下を貸してあげるソラ、
裸足のソラを自分の手で暖めるソンテ、微笑ましい光景だったけど、
「水虫じゃないよなー」と、茶化したり、「ホントは水虫よ」と言い返したり…
意識しないように、ワザとしてるみたいな感じ(*^ー^*)

眠ってしまったソンテの顔を、そっと撫でようとするソラ・・・
ソンテがピクッとしたので、慌てて手を引っ込めて、
横になるソラは、ドキドキしてるみたい・・・
その後ろで、しっかり目を開けてたソンテ・・・お互い切ない表情。。。

「星を射る」 他の回は こちらです。

クォン・サンウ/チョ・インソン MV Best Collection (台湾盤)
クォン・サンウ/チョ・インソン MV Best Collection (台湾盤)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にイェリンは嫌な女ですね!!底意地が悪い敵役が多い中、イェリンのように頭脳作戦でうまく意地悪をするこの役柄が本当に嫌に見えます。なかなか演技もうまいですね。ソジンssiの存在が薄くなってしまう〜〜〜〜!!
のり
2006/09/04 15:07
のりさん、
イェリンは本当に嫌な女全開です。ソンテの気持ちを利用して、ソンテも信用してるのが腹立だしかったです。カットされてるけど、イェリンは水商売していた事もあり、這い上がりたい気持ちがいっぱいらしいのだけど。。。(客に絡まれたのをパダに助けられた)
そういや、ドフンが霞みますね〜
panda
2006/09/04 23:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



星を射る 第8話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる