☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛の群像 第33話&第34話

<<   作成日時 : 2005/11/11 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆

結納式が終わった途端、家を出て行くと言うジェホ。
キツイ言葉を投げるジンスクだけど、声は震えてます。
ジンスクは、ジェホの幸せを、ジェホはおばさんの幸せを、お互いに思っているのに。。。

マンションに来てくれるヒョンスに、素っ気無いジェホ。
その後、「午後伯母さんに挨拶に」と、ヒョンスからの電話にも、「一時に来い」と冷たく切ってしまうし。
ソックと水浴びした日を思い出すジェホ。
友がいて、伯母や妹、ダルゴン一家やシンジャ親子、
貧乏だけど、楽しく笑い合ってた日・・・、このシーンはホロッときました(ノД`);・

「ジェホ、お前ここで何してるんだ」と心の中で呟くジェホ。
ホントにそうだよーーー、ジェホ!

ヒョンスは、勝手にスポーツカーを売って、新車を購入。
喜んで貰えると思ってるお嬢様・ヒョンス。
「勝手な事を…、これ以上金を使うな」 と怒るジェホ。

伯母さんの家では、ヒョンスとジェホを、
ダルゴン一家やシンジャたちも迎えてくれました。
ソックとジェヨンが婚姻届を出したと知ったジェホ。
修羅場になると思ったジンスクは、豪華な料理と共にみんなを撤収させ、
ジェホ&ヒョンスと差し向かいで話をしました。
ヒョンスったら、「アパートに移ったら」と言ったらしく(カットなのか言ったシーンは無し)
「うちはちゃんと暮らしてます」とキッパリと言うジンスク。 カッコイイ!
ジェホとジンスク二人で話し合い。
「誰の為にこんな事をしたと思ってる?なぜこんな扱いを?」と言うジェホと、
「望みはお前の幸せよ 今幸せなの?」と言うジンスクは、平行線。。。
ジェヨンは、許して欲しいと泣いてるのに、
「妹はいない」と冷たいジェホ。 ヒョンスを置いて行ってしまいました。

ヒョンスの父が、シニョンの家にジェホとヒョンスを連れて挨拶に来る事になり、
シニョンの家では、シニョンをギルジン先生のお宅へ非難させました。
ヘジャは、「罪人じゃないのになぜ逃げるの?!」と怒ってます。
家を出ようとしたギルジンとシニョンは、ジェホたちとバッタリ。
ギルジン先生は、「歓迎されない客だ 帰れ」と言ってくれましたーーー

何かとシニョンの事を気遣うギルジンに、
「いくら待っても、先輩には戻らない」とシニョン。
ギルジン先生は、下心があってしてる訳じゃないでしょーと思ったけど、
言い返せないギルジン先生・・・、そうだったんだ。。。


結局シニョンの家には上がらずに、帰った二人。
ヒョンスは、「私達そんなに罪深い?」と。 
ヒョンスびいきだと、可哀想…、なのだろうけど、
でも私は、自分で選んだ道でしょと思ってしまう。(ヒョンスファンの方すみません!)
ジェホが、選んでしまったのだから、ヒョンスだけが悪くはないんだけど。
一度だけ抱いて、というヒョンスに抱き締めてあげるジェホ。
しかし、その帰りには、シニョンの部屋を見上げて、
そして夜中にジンスクに電話して、「シニョンは今どうしてるんだろ」と涙・・・
切った後「あのバカ…」と呟くジンスク。

ダルゴン&インスクは、キョンヒの居所を突き止めたものの、
「妊娠している」と言われて、帰って来てました。
お金は?と思ったら、ちゃんと月30万ずつ返済してもらうそう!

シニョン父は、「ジェホの事、忘れるのに長くかかったっていい。
いつか母さんと俺の前で、笑ってくれるだろう」
元気の無いシニョンを励まして、いいお父さん・・・
でも父は、会社では、浄水器売りが大変なんです!
たくさん引き受けてるものの、中々(いや、全然)売れません、、、
それで、毎日売れ残った分を、物置に!会社に代金はどうすんの?
ヘジャは、友達から、「夫が営業してる」と聞いて、不審に思った所へ、
夫が物置の方から来るのを見て、大量の浄水器を発見ーーー唖然。

ジェホは会社で、宅地開発の場所を巡り、ヒョンスと対立。
結局は、自分の考えを押し付けるヒョンスに、
「おっしゃる通りにいたします」と、丁寧に言うジェホ(笑えたーー)

ソックは、ジェヨンの為にも、市場でカニ運びのバイトです。
金を貸してくれた男が現れたので、
「1日遅れたくらいで差し押さえしやがって」と文句を言うソック。
「あれは俺が貸した金じゃなく ヒョンスって女。
そいつと室長が、差し押さえの指示を出した」と、良く言ってくれたーーー
この事を伯母さんに言ったソック(さすがにジェヨンには言わなかった)

伯母さんが、店に行くとジェホが。
伯母さんは、店を売りに出してます。
お金をジェホに早く返して、ジェホに自由になってもらおうとしてます。。。

私はヒョンスが怖い とヒョンスが差し押さえた事を話したジンスク。

一方ジェホとしっくり行かないヒョンスは、ギルジン先生宅へ。
でも背中を向けているギルジン先生。
「辛くなったら来ていい? 慰めて欲しい」と言うけど、返事はしない先生。
確かに、あれだけ食ってかかってたんだから、都合がいいような・・・
ヒョンス、そんなに辛いなら、降りればいいのに。。。

でも、今のヒョンスには、ジェホがあんなだし、頼れる人がいないんです。
ギルジンの所に、資料を届けに来たシニョン、ヒョンスを見ても冷静でホッ。。。
実はシニョンをずっとつけてたジェホ。
ヒョンスはジェホの後姿を見て、シニョンと会ってたとショックーーー

夕べはどこへ泊まったとジェホを責めるヒョンス。
ジンスクから事実を聞いたジェホは、いつも以上に冷たい感じ。
泊まった場所を言うジェホに「ウソ」と言うヒョンスに、
ウソはお前だろ、と言うのかと思ったけど、言わなかったジェホ。
「お前が選んだ男は嘘つきで、俺は愛していない女を選んだ。
でも、最善を尽くそう」と、突き放した言い方。
ヒョンス〜ホントに、これでもいつか、振り向かせる事出来るの〜?

ジェホは運転中に、目がかすみ、街路樹へ激突。ああ…、やっぱり病気?
頭を打ってしまい、検査を受けずに帰ろうとするジェホに、
通りかかった医者=(ギルジン先生を好きなジョンユンさん)の一言で、
脳の検査を受けて帰ったジェホ、しかし、この検査結果は、、、!
ジョンユン医師は、精密検査を受けるように、ジェホに電話しました。
忙しいと言ってたジェホだけど、
めまいや目のかすみが気になってたのか、受けに来ました。
その日は、ギルジンが丁度尋ねて来た日で、ジェホを見かけて、
「なんの病気?」としつこく聞いても、もちろん答えないジョンユン。

ジェホは、検査の帰り、病院で、バッタリシニョンと・・・
二人並んでベンチに座り、お互い体を気遣って。。。
「話は終わり、それなら行って…辛いのよ…」とシニョン。

MRIの結果が、深刻で、ジェホに連絡がつかないので、
ギルジンの所に行ったジョンユン医師。
「悪いのか」と聞くと、ただ頷くジョンユン。
ただならぬ雰囲気を察して、「治る見込みはないのか」と涙ぐんでるギルジン。
ジェホーーー病気だなんて、、、
一日も早く、愛するシニョンの元へ行かないとーーー


「愛の群像」 他の回は こちらです。

小説・愛の群像(上) 韓国TVドラマノベライズ
小説・愛の群像(上) 韓国TVドラマノベライズ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



愛の群像 第33話&第34話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる