☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS チェオクの剣(茶母) 第2話

<<   作成日時 : 2005/11/11 13:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 10

画像
サブタイトル・・・「生い立ち」

荷物を盗んだ男(←エラく逃げ足が早っ)を追いかけるチェオク。
一緒に泥棒を追ってくれた男・ソンベクは、傘を目深に被ったまま、
「飲み屋の女と泥棒は通じている。捕盗庁(ポドチョン)に訴えてもムダ。
すぐ故買人(こばいにん)に流してしまう」と、なぜかチェオクにアドバイス。
おまけにソンベクは、スミョンに「急がなければ」と言われてるのに、
故買人の名を聞いて、そこへ向かいました。

捕盗庁(ポドチョン)に捕まった故買人チョンは、
トック叔父さんーーー&「オールイン」イナのオジキのイム・ヒョンシクさん♪
この時ももちろんアドリブで、相手をしたペク武官ことイ・ハヌィさんは、
次にどんなセリフや行動が飛び出すが、ハラハラだったそう。

チョンがベラベラしゃべってるのを聞いて、
自分の荷物を盗んだマ・チュクチの元へ、単独行動のチェオク。

チェオクから盗んだ荷物から、小銭ザクザクと出てきて、
汗水たらして働かなくても、当分遊んで暮らせる!と大喜びのマ・チュクチ夫妻。
二度目の視聴で気付いたけど、葬儀屋の間借りしてるという2人の部屋は、
物置のような、かなりひどい場所で、彼らの生活がわかります。。。
(マ・チュクチは、映画「達磨よ、遊ぼう!」「達磨よ、ソウルへ!」のテボンのイ・ムンシク。
妻は、「四姉妹物語」の看護師)


そこにチェオクが乗り込み、現場を押さえたものの、
マ・チュクチの妻がお頭の所に逃げ込んでしまい、
お頭は、鎌を持って戦いを挑んできて、チェオクも受けようとすると・・・
・・・「チェオク〜〜〜」と、ビョンテクが現れてしまったーー(←足手まとい
それでも大勢を相手に、神業(?)で戦うチェオク。
チェオクが優勢だったのに、向こうはビョンテクを人質にとってしまって、
仕方なく剣を降ろすチェオク。。。 
しかし空から(!)現れたソンベクが、奴らをやっつけてくれましたーー

助けてもらったチェオクだけど、船着場から何かと自分の前に現れるので、
剣をつきつけ、「なぜ着けて来た」と。
「女の身では取り返すのは、難しかろう」と言い残し、立ち去ろうとするソンベク。
(立ち去るというか、飛び去るというか…)

しかし、ファンボ・ユンとイ・ウォネが現れ、ソンベクを敵だと思って戦いに。
止めようとするチェオクを突き飛ばして、戦うファンボ・ユンとソンベク。
ファンボ・ユンの剣を手のひらで挟むソンベク!(血がタラーン >_<!)
ソンベクの剣さばきに、「ただの盗賊ではない」とファンボ・ユン。
「捕盗庁の役人が僧軍が使う剣法とは」とソンベク。
お互いに見破られた事に、「何者?」と火花が散る二人。
「おやめください この方は助けてくれたのです」と言うチェオクに、
「なぜ先に言わない」とファンボ・ユン。
言おうとしたのに、つき飛ばしたでしょーと、大勢が突っ込んだ事でしょう(;^_^A
でも、冷静さを欠いてたようなユン、チェオクが殺されると思ったから?


なぜか、ファンボ・ユンの事を知っていたソンベクは、空中を去りましたーー
立ち去った宙をぼんやりと見ているチェオク(ソンベクは、やはり兄かしら?)

帰り道、川で水浴びをしながら、幼い日の事を思い出すチェオク。
15年前、チェヒという名だったチェオク。 
優しい母と、学問を優しく教えてくれる父、そして兄チェム。
(父は「Happy Together」ピルドゥ・「雪だるま」ピルスン・「ピアノ」オッカンのチョ・ジェヒョン
チェヒは、「1%の奇跡」ユジン、映画「青春漫画」キム・ハヌル子役のチョン・ミナちゃん)

“発墨”と書き、「真心をこめれば済んだ香りがする。
人の心も同じ…」とその意味を教える父。
チェヒを膝に抱き、「チェヒはまだ7歳か…許してくれ」と、
これから自分達に起きる事を思い、涙する父。
「よいかチェム…何があっても決してチェヒと離れるではないぞ」
はい、父上…と答えるチェムも、父と別れる事をわかっているのか涙・・・

父は逆賊として捕らえられて頃される前に、
息子チェムにチェヒ託して逃がし、自害しました。
決して自分がした事は、間違ってはいないという抵抗のように。。。

追っ手に阻まれ、父の部下は兄・チェムを連れて逃げようとし、
チェヒを掴もうとして、チョゴリから破れたリボンを持ったまま、
「チェヒーー」と手をのばして叫ぶ兄、
浜辺に一人残され、兄上…と泣いているチェヒ。。。(:_;)

。。。と思い出に浸っているチェオクの服を盗もうとした、マ・チュクチ夫妻。
でも、ちゃーんと気付いて、ハダカのまま(!)、取り返すチェオク。
謝るマ・チュクチ夫妻に、「足を洗うと誓えば許す」とチェオク。
年下のチェオクを「姐さん」と呼び、二度としないとチュクチ。

左捕盗庁(チャポドチョン)に戻ると、待ち構えてたファンボ・ユン。
チェオクが勝手にマ・チュクチ夫妻を捕らえに行ったので、激怒しているよう。
強い雨の中、真剣を使って修練する二人。空中を飛び交ってます!
「私はそちにとって何だ…」「心の底からお仕えしているお方です…」
「お仕えしている…ただそれだけなのか…」とまた剣で修練。
ファンボ・ユンは、何て答えて欲しかったんでしょう。
きっと「お慕いしている」と言って欲しかった?


15年前のファンボ・ユン(「天国の階段」ソンジュ少年・「海神」クンボク少年のペク・ソンヒョン君)
塾で、「雨を題材にした詩」を書けないと怒ってる先生、
身分の高い子たちに混じって、肩身の狭そうなユン一人だけ書けていました。
身分の低いユンがいるから、やめてやるという両班のお坊ちゃま達。
帰り道、先生を侮辱したと、お坊ちゃま達を叩きのめすユン。
そんな時通りかかったチェヒ。父の屋敷に来る子だという。
足元がボロボロなのを見て、おぶってあげるユン。
使用人をおぶるなんて、見苦しい事…と言われても、優しいユン。
チェヒが、お坊ちゃんたちに差別されてる自分と重なって見えたのかな・・・

ファンボ・ユンは妾腹の子で、父親は地方長官。半分は両班、半分は賤民。
父は、本妻と子を置いて、赴任先ユン母子を住まわせているらしい。
(母親役は、「イヴすべ」キョンヒ・「白夜」ギョンビン母のクォン・ウナさん。
父親役は、「真実」のジャヨン父、「オー!必勝」のユン秘書)

ユンがやっつけた子の父が怒りに来たので、
父親の前で、おしりを棒で叩かれるユン(>_<)
「謝れ」と言われても、自分は間違って無いと言うから、また叩かれるユン。
正義感が、ものすごく強い子です!

で、凄い事になってたおしりw( ̄∇ ̄;)w!!
手当てする母に、「なぜ私を生んだのですか…」と泣いてるユン。
そして、子にそう言われた母も涙。

叩かれてる間からずっと見ていたチェヒは、こっそり水をユンの家へ。
でも使用人のおばさんに、「盗み食い」と叱られて・・・
実は、「はちみつ水」を作って持ってきてくれたと知り、嬉しそうなユン。
(使用人のおばさんは、「チャングムの誓い」女官長お付の尚宮、「パリの恋人」テヨンがバイトした洗車場のおばさんですね〜)

ユンの夢は「強くなること」 
だけど自分の身分を思えば、それ以上の夢は果たせぬ事と諦めてるユンに、
「法で許されなくとも、好機に恵まれれば、必ず登用される道はある」と、
本宅に妻子を置いてまで、ユンをそばに置いてくれた父。。。
真の強さとは、生涯にかけ己の夢を貫き通すこと
父の言葉に、涙するユン、、、
その夢の為に、元僧軍の長スウォルの元に、チェヒと一緒行かせてくれた父。

スウォル(仙人みたいな人!)は、「決意のほどを見せよ」と、ユンに小刀をーーー
机に手を置き、小刀を振り下ろすユン! 
「えっ?ユンって指無かったっけ?」なーんて思ってたら、
スウォルがスッと杖を差出して、ホッ。


スウォルの言う「厳しい修行」が始まりました。
まず一万回のお辞儀で、辛くなった時にチェヒが一緒に (^ー^)カワイイ♪
そして、来る日も来る日も剣術。いつも父の言葉が頭を過ぎるユン。
チェヒも辛い下働きの日々・・・泣いてるチェヒにハンカチを差し出すユン。
でもチェヒは、受け取らず。。。 まだ心を開いてない感じです。

ある日、寝ているスウォルの杖を、こっそり持ち出し、火にくべるチェヒ〜
いつもこの杖で、ユンをしごいていたもんねーーー
悪戯っぽい表情で、また可愛い〜(*゚ー゚*)

出て来たチェヒの顔は炭だらけ!
チェヒの行動を見てたユンは、笑ってハンカチを差し出すと、
今度は、笑って受け取りました〜〜〜

それからは、本当の兄妹のように、一緒に過ごしてきたチェヒとユン。
凍った川で修練(寒そうーーー)してる横で、洗濯してるチェヒ。
いつのまにか、洗濯を手伝ってるユン(^^)
竹ぼうきを剣に見たて、ユンのまねして「ヤー」 でほうきがユンに!
肩をすぼめるチェヒに、ユンは笑って木刀を・・・
・・・こうして、チェヒに剣を教えるようになったのかな〜

大人になって、雪の中で修練のチェヒとユン。
終わったら、ハンカチを差し出すユンと受け取るチェヒは、無邪気に笑い合い、
この頃はまだ、愛とか身分とか深く考えないで、思うがままの笑顔の二人。
チョ・セウク長官(前回、チェオクが入れた茶をユンと飲んでた人物)がやってきました。
ユンを見て気に入った様子で、
身分の事も、うまくやって、自分の元に置きたいという長官。
行ってしまうユンを見送るチェヒは「お別れ」と思い、涙・・・

捕盗庁(ポドチョン)に仕えることになったと、父に挨拶に来たユン。
「チェヒを茶母に」とお願いするユンだけど、
父は「逆賊の娘」と、しかし「連れて行くがいい」と言ってくれ、
「でも、決して私情からではないという事を、肝に命じておけ」とクギを刺し。。。
「はい旦那様」と答えるユンに、「父と呼んでみよ」 
父と呼ぶのは、法では許されない事…、
ユンは、みるみる涙が溢れてきて、「父上…」と呼び、母も涙。。。
ずっと、呼びたかった言葉…、ジーンときました.....(ToT)
副音声のイ・ソジンさん、涙声の「アボニム…」は、一層胸を打ちます・・・(/_;)
副音声といえば、チェヒ父も生声がとっても良いです!


「剣を抜く時は、抜く前に今一度考えよ」と出て行くユンに話すスウォル。
「チェヒの父チャン・イルスンを覚えているものも多い。
今日からチェヒという名を捨て、チェオクと呼ぶがよい。」とスウォルが命名。
「光輝く玉」チェオク…、いい名だ。。。と言うユンとチェオクは二人で都へ。

で、雨の中の修練に戻り。。。
「偽金は取り戻せても、一度なくした命は取り戻せない。
身勝手な振る舞いをするなら、出て行け」と、ユン。
そんな二人をずっと見ていたユニ。 ユニと共に行ってしまったユンの後姿に、
「ファンボ様、ユニお嬢様と、早く一緒になってください
そうすれば私も出て行けます…」と心の中でチェオク。
そうしてくれれば、諦められます…と言ってる様な。。。 

身分の違いはもちろん、名前を変えても「逆賊の子」という事が周りに知られれば、それ以上にユンの足かせとなってしまう・・・
チェオクは、ユンを慕ってしても、決して口には出せないのですよね。。。
それでも、ユンの役に立ちたくて突っ走ってしまうチェオク、
チェオクが心配なあまり、苛立ってこんな態度を取ってしまうユン。

「チェオクの剣(茶母)」他の回は こちらです。

決定盤!全曲完全オリジナル韓ドラ主題歌集「クリウンサラム~愛しい人」
決定盤!全曲完全オリジナル韓ドラ主題歌集「クリウンサラム~愛しい人」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
チェオクの剣(第2回)
第2回「生い立ち」 ...続きを見る
ゆずじゃむぶろぐ
2005/11/12 01:37
チェオクの剣 第2話「生い立ち」
第2回今回、話が15年前と現在を行き来するのでちょっと頭が混乱。しかも15年前はチェオクじゃなくてチェヒだし。現在のチェオクは夜、行水をしているところをマ・チュクチ夫妻に見られて、チェクチがチェオクの服を奪って逃げようとしたすると、川からチェオクがジャ... ...続きを見る
ときどき思いつき日記
2005/11/12 08:23
チェオクの剣 05/11/10 Thursday
22:00 BS2「チェオクの剣」第2話「生い立ち」 ...続きを見る
韓流のたのしみ!
2005/11/12 10:22
『チェオクの剣』(茶母...タモ)2話みましたぁ!
『チェオクの剣』(茶母...タモ)2話...『生い立ち』 飲み屋で偽金の入った包みを奪われてしまったチェオク(ハジウォンさん)、犯人を追っていきます。船着場でも会った網笠の男=ソンベク(キムミンジュンさん)も一緒に追うのですが....ともかく足がはやい!(飛んで捕.... ...続きを見る
韓ドラのたまり場
2005/11/12 13:58
「茶母(タモ) チェオクの剣」第2話
チェオクとファンボ・ユンの生い立ちと因縁。 「茶母(タモ) チェオクの剣」第2話 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2006/12/10 16:03
チェオクの剣(茶母) 2話 生い立ち
「チェオクの剣」(茶母)2話 生い立ちです。 ハ・ジウォン(&#54616;&#51648;&#50896;)さん、飛んでます。 ワイヤーで。じゃぁ、あらすじ&感想です。荷物をすられたチェオク。すった男は、とても足の速い男マ・チュクチ。⇒この名前、NHKサイトの人物相関図で判明... ...続きを見る
Kio -朔北-
2006/12/11 00:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
第2話を見て生い立ちがだいぶわかりましたね。
ファンボ・ユンもチェオクも苦労して育っていたんですね。
二人の剣を交えるシーンはせつなかったです。
チェオクを助けてくれたあの長髪の男性は、私も兄かなと思いながら見ていましたが、どうなんでしょうね?
トックおじさん、友情出演みたいな感じで現れてくれて嬉しかったです。
ビョンテクはチャングムでいうチボクみたいな存在でしょうか?(笑)
次回も楽しみです。
YUZUJAM
2005/11/12 01:34
pandaさん、お邪魔します〜。
「ハンカチ」のこと、私は書かなかったけど、どれもいいシーンでした!
そして、ソンベクがチェオク兄と読むpandaさん!
鋭い読みですね。思いも寄らなかったわ、すごい!
なんかすっかりハマってしまった私です。
kbkbY
2005/11/12 10:29
pandaさん♪
こんにちは! わっ!気合入ってる感じがします
子供時代のストーリーが入ってドラマとして
厚みが出たのかななんて思いました。
また、立ち寄ります。
じゅん
2005/11/12 14:21
YUZUJAMさん、こんにちは〜
トック叔父さんの登場には、私も嬉しくって!
声優さんも同じ人で、良かったです (^ー^)

チェオクとユンは、愛し合ってる感じがするけど、
その気持ちを押し殺して、修練で剣を交えてる感じがして、切ないです。。。

ソンベクは、兄かなーと、いう感じがするんだけど、
ちょっと当たり前すぎるかなーとも思うし…
どうなのか楽しみですね。

>ビョンテクはチャングムでいうチボクみたいな存在でしょうか?(笑)
まさしく、そんな感じですよね〜
でもチボクは、足を引っ張らなかったよーーー(;^_^A
次は役立って欲しいですね〜
panda
2005/11/12 14:49
kbkbYさん、こんにちは〜
ハンカチのシーン、良かったですよね!
最初は受け取れなかったのに、次は笑顔で受け取って、いいシーンでした(#^.^#)

ソンベクが兄なのかな〜と思ったのは、第一話の冒頭の竹林での戦ってるシーンで、なんとも切ない感じがして…、当たってるかどうか・・・(;^_^A

私も結構ハマってます。
「廃人」になってしまうのかも…!
panda
2005/11/12 14:55
じゅんさん、こんにちは♪
気合入ってますよ〜(笑)なんだか文が長くなってしまう位、ハマってきている私です(^^)
チェオクとユンの生い立ちが分かって、現在のキャラの感じも分かってきました。
二人とも悲しい過去で、切なかったです。
panda
2005/11/12 15:04
チェオクと先週のソンベクの回想が同じでしたね。
ソンベクもまた何かの事情で名前を変えたという事ですね。
お互いに兄妹とは気付かずに・・・。
ユンも含めてこの関係も大きなポイントになりそうですね。

>言おうとしたのに、つき飛ばしたでしょーと、大勢が突っ込んだ事でしょう(;^_^A
ハ〜イ♪(笑)
聞く耳持たずだったくせに。
いつ言えって言うのよ、全く(爆)。

トックおじさん@チャングムはやっぱりアドリブだったんですね。
>次にどんなセリフや行動が飛び出すが、ハラハラだったそう。
リハーサルと本番とまた変えてくるんでしょうね。
気の毒に(^o^) 。
sannkeneko
URL
2006/12/10 16:12
sannkenekoさん、こんにちは♪

>チェオクと先週のソンベクの回想が同じでしたね
実は私、初見時は、ソンベクが「チェヒ」と呟いたのは聞いたのだけど、回想に浜辺のシーンがあったと気付かなかったんです。だから「兄」と思いつつ疑問符がついていて見てたのだけど、さすがsannkenekoさん、よく見てる!と唸ってる私です。
パーフェクトガイドで言ってた展開になると、この関係は・・・ですね。

>>言おうとしたのに、つき飛ばしたでしょーと、大勢が突っ込んだ事でしょう
ウフフo(^-^o) やっぱり思いましたね〜
ホントに何度もチェオクは言おうとしたのに、いつ言えって感じですよね。

トックおじさん、シメられてる場面たったのになぜか笑ってしまいます。
アドリブだから、相手役は、セリフがどこで切れるのかがわからないそうで大変ですよね。
ハラハラしながらも、受けて演技してたペク武官、さすがです。
panda
2006/12/11 10:58
始まる前のパーフェクトガイド、何故ネタばらし?と憤慨でしたが、この話は内容がわかりにくいですよね。チャングムで獲得した(?)視聴者を放すまいといったNHKなりの策でしょうか?ガイドをみていたのですんなり話に入ることができました。ユンの子役を演じた彼、大好きなのです〜。もっと出演して欲しい気もしつつ、ソジンssiに(このドラマで)落ちるのはいつかと楽しみながらに視聴しています〜。ペインになるかな?
脇役も楽しみなのですが、まさに「トックおじさん、ここにも参上!」といった感じで嬉しかったです。
のり
2006/12/12 15:02
のりさん♪
BS視聴時、それほどわかり難い回と思わなかったけど、改めて見ると色々と気付く事が多々あります。

>ユンの子役を演じた彼、大好きなのです
おお!そうだったのですね〜
「海神」では、子役時代が長かったですよ。彼に泣きましたわ…

>ソジンssiに(このドラマで)落ちるのはいつかと
私は、ユンもソンベクも、どちらにも堕ちました。
今となっては、ソンベクへの思いの方が強いですが、ソジンssiファンののりさんは、やっぱりユンでしょうかね?楽しみにしてます(^^)
トックおじさんは、相変わらず可笑しかったですね〜
このドラマ、脇役チェックも楽しいですよ。
panda
2006/12/13 00:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



チェオクの剣(茶母) 第2話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる